マミロボットの水拭き

マミロボットの水拭きで本当に拭けるのか?

あなたは、水拭きと聞いて、どんな水拭きを想像しますか?

 

 

雑巾を固絞りで、絞ったぞうきんで拭く水拭き
それとも、少し軽く絞って、拭く水拭き。

 

どちらにも、メリットデメリットがあって
固く絞った場合、拭きムラが出にくく、すっきりと拭き掃除できますが、こびりついた汚れを取るのに時間がかかります。
反面、軽く絞って水分が多い場合は、こびりついた汚れは取りやすいけど、拭いた跡が残りやすい、ごみなどが残りやすい、ということがあります。

 

 

マミロボットに水ぶきをさせてみると、おそらく本体裏に装着するマイクロファイバークロスの絞り方しだいで、拭き掃除なのか、からぶきなのか?かなり仕上がりが変わってきます。
人が雑巾で床を拭き掃除する状況をできるだけ再現したければ、このマイクロファイバーの極細繊維パッドは、固絞りしないで軽く絞って装着した方がいいと思います。

水分を残した状態で装着し拭いてみると、水分によってマイクロファイバーが汚れを包み込み、水拭きがうまくいきます。

 

マイクロファイバーもかなり普及したので、皆さんもご存知だと思いますが、普通の雑巾ではとれない汚れを繊維表面の構造によって、効率よく除去できます。

 

 

ちょっとわかりにくいですが、2分くらい走らせても、このくらい汚れがついてきます。
毎日、フローリングを拭き掃除している方や
ペットを飼っている方には、役立つと思います。

 

しかし、マミロボットの水拭きは、人間が床掃除するときのように床に対して押さえつける力は、どうしても弱いといえますので、何回かに一回は、手で床の拭き掃除を補助的に行った方がいいかもしれません。
ただ、それを補うために、マイクロファイバーの床へのひっかかりを利用して、パッドの絞り方をコントロールして使えば、自分の思うような水拭きが可能になってくると思います。

 

よく、こういった掃除製品を使った口コミで、思ったほどきれいにならないとか、否定的な文面を見かけることがあるのですが、マミロボットに関しては、現状では水拭きに関しては、そういった意見は少ないです。
しかし今後いろんな大勢の方が使っていくうちそのような意見も出てくるでしょう。
私はいろんな掃除道具を使ってみたり、工夫して使っていますが、この水拭きに関しては、使い方で結果がかなり変わると思いますので、マイクロファイバーの雑巾のしぼり方や作動時間などを工夫して使ってみてください。

 

掃除道具は、創意工夫が必要です。こうでなければいけないというものはなく、活かすも殺すも人間の使い方次第です。
あなたもいますぐ、マミロボットで水拭き体験してみませんか?

 

水拭きはどのくらいまで可能なのか?関連ページ

マミロボットの音
マミロボットをまず動かしてみて、気が付くことが音に関してです。
ルンバとの動作の違い
マミロボットの動きは、ルンバと比較してどうでしょう?
マミロボットは段差に弱い?
マミロボットの口コミを見ていると、ボイスなどは、段差で動けなくなるというレビューを見かけます。ポロはどうなのか?使ってみました。
ハンディークリーナー「zaalooツァルー」チャルの評価
マミロボットポロには、ハンディクリーナーがついています。このクリーナー役に立つのか?検証してみました。
マミロボットは、なぜ吸引力を高めることができたのか?
マミロボットがブラシを使わない、掃除方法を行うということをご存知の方は多いと思います。吸引力を高める鍵は正にこの部分にあります。
自動充電について
マミロボットK5・K7は、自動充電可能です。ボイスではできなかった自動充電ですがどうなのか?ルンバの自動充電との比較も。
走行中のセンサーエラーについて
マミロボットニは多くのセンサーがあって、敏感すぎるがゆえにエラーになることが多いです。
マミロボットへの接し方・現状の掃除への組み込み方
マミロボットの現在の生活への組み込み方、どんな人にマミロボットを使って欲しいか?書いてみます
貸し出し中の方にマミロボットの感想を聞いてみました
知り合いの方に、マミロボットを貸し出して1ヶ月、感想を聞いてみました。