ハンディークリーナー「zaalooツァルー」チャルの評価

お掃除ロボットが苦手な掃除箇所とは?

お掃除ロボットの、最大の弱点は、掃除ができない場所があるということ。

 

 

すぐ思いつくのが

  • 部屋の角、壁際などの吸い残し
  • 階段などの掃除ができない

がありますね。

 

もちろん飛び出たブラシがついていて回転しているのですが
それでも上の写真のような凹んだ敷居や柱周りの角部分など
どうしても吸い残しが出るんです。

 

今までルンバを使う時は、何回かに1回
家の掃除機でルンバが苦手な部分を掃除機がけします。

 

そんな時、ハンディー掃除機があったら便利だなと思っていました。
大きな掃除機を取り出してきて準備するのも面倒だし。

 

机の上やカーテンレールの上、本棚の本の手前のほこり
液晶TVの台の上部、照明の傘の上など、ちょっと簡単に
掃除したい部分はたくさんあるのですが。。。

 

もちろん普通の掃除機を持ち上げて、吸い口を物に当てて吸うことはできますが、両手がふさがってしまい、物を押さえておくことが困難になって、照明の傘などやりにくくてしょうがないですし重いので手も疲れてきます。

 

そこで、ハンディー掃除機の出番です。
ハンディー掃除機があれば、両手がふさがらないし簡単に取り出せて、すぐ掃除できるし、軽いので手が疲れないし、ごみ捨ても簡単な構造のものが多いです。
電源も充電式なら、コンセントを意識することもなく、電源ケーブルもないのでどこへでも持っていけます。

 

もしあなたがハンディー掃除機選びをしているのなら、人気のダイソンのハンディー兼床用掃除機デジタルスリム DC35 マルチフロアを購入して掃除するのもいいでしょう。

 

 

でも、その方法なら結局すべて自分で掃除機がけしないといけません。
せめて、床だけでも自動で掃除機掛けできれば、あと残った階段や部屋の隅などだけ掃除機掛けすればいいのではないでしょうか?

 

 

そこで、ハンディー掃除機とお掃除ロボットを購入!となるのですが、
けっこう収納で場所をとったり、デザインもまちまちなのですっきりしない。

 

もし自動掃除機とハンディー掃除機がセットになっていたら便利です。
それだけで部屋の掃除機掛けの大半が終わってしまいます。

 

そんな希望を叶えるのが
マミロボットポロ K7という機種です。
そこでK7付属のハンディー掃除機を使ってみました。

 

 

ハンディークリーナー「チャル」使ってみました。

 

 

チャルは、韓国では単体で販売しているようですが、日本ではマミロボットのK7というセットの中で手に入ります。

 

吸引力がないと口コミで書いておられる方がいらっしゃいましたが、ハンディー掃除機としては、少し吸引力が弱いかも知れませんが「吸い残しを処理する」という用途では十分役に立つと思います。

 

 

中を開けてみるとしっかりごみは取れています。

 

充電は、マミロボットと兼用の充電台に差し込む充電式掃除機なので、いちいちプラグを差し込んだり、ACアダプターの空を探したりしなくていいので、取扱が簡単です。

 

 

ちょっと、本体だけで吸いにくい箇所(サッシのレールや床の角、壁際など)は、先端の部分が少し伸びてノズル状態になるので、吸いにくさが解消されます。

 

マミロボット本体で取れきれなかった、絨毯に絡みついた髪の毛なども、往復させるだけで吸い取ります。
吸い口の形が日本製品では見かけたことのない形です。
なかなか使ってみるといい感じです。

 

デメリットですが、音がうるさいです。
マミロボット本体は、ルンバより静かなんですが、このハンディーは夜に使うのは厳しいかな?と思いました。
その他は、ダメなところは見当たらないですが
フィルターの装着は、2種類つけないといけないので、少し手間かなと思います。

 

 

少しでもすき間があるとモーター側に埃が入るので
慣れるまでは、少し時間が必要です。

 

総合的に見て、このハンディー掃除機を同梱するという発想は
よく考えたなあと感心しました。

 

階段掃除には、ダイソンのハンディーなど排気が強くて、ペットの毛が舞うので、チャルを使うと解消したという口コミもあります。

 

動画は、少しですが使ったところの動画も確認してみてください。

 

あと、ハンディークリーナーがついた分
充電時の奥行きが長いので、けっこう面積を取られます。

 


ルンバ38センチ マミロボット50センチです。
本体は、少しマミが大きいですがそんなに変わりません。

 

ルンバを持っていて2台目購入の方や置き場所を考えている方は
よく考えてみてください。

 

 

ハンディークリーナー「zaalooツァルー」チャルの評価関連ページ

マミロボットの音
マミロボットをまず動かしてみて、気が付くことが音に関してです。
ルンバとの動作の違い
マミロボットの動きは、ルンバと比較してどうでしょう?
水拭きはどのくらいまで可能なのか?
マミロボットが水拭きできることは、最近有名になっていますが、水拭きというけど、どのくらい拭けるのか?実際に拭いてみました。
マミロボットは段差に弱い?
マミロボットの口コミを見ていると、ボイスなどは、段差で動けなくなるというレビューを見かけます。ポロはどうなのか?使ってみました。
マミロボットは、なぜ吸引力を高めることができたのか?
マミロボットがブラシを使わない、掃除方法を行うということをご存知の方は多いと思います。吸引力を高める鍵は正にこの部分にあります。
自動充電について
マミロボットK5・K7は、自動充電可能です。ボイスではできなかった自動充電ですがどうなのか?ルンバの自動充電との比較も。
走行中のセンサーエラーについて
マミロボットニは多くのセンサーがあって、敏感すぎるがゆえにエラーになることが多いです。
マミロボットへの接し方・現状の掃除への組み込み方
マミロボットの現在の生活への組み込み方、どんな人にマミロボットを使って欲しいか?書いてみます
貸し出し中の方にマミロボットの感想を聞いてみました
知り合いの方に、マミロボットを貸し出して1ヶ月、感想を聞いてみました。