マミロボットの吸引力

マミロボットとルンバの吸い方の違いが吸引力の差になっている

ルンバとマミロボットでは、ごみの集め方が違うのをご存知でしょうか?

 

いままで、マミロボットを使っていなかったので、吸引ってどんなの?
と思っていたのですが、使ってみて気付いたことを書きますね。

 

ルンバは手入れが面倒

 

ルンバを使っていると、面倒なのが、ブラシの手入れの作業です。

 

 

過去大ヒットした、床掃除道具、「スイブルスイーパー」をご存知の方なら、
おわかりだと思うのですが、スウィーパー系の掃除道具の場合、
ごみを集めるのにブラシを使いますが、4方向にブラシがついているのでお手入れが必要不可欠です。

 

 

ルンバも同じようにブラシで、床をかき出すので、普通のごみは効率よく掃除していきますが、
長い髪の毛、ペットの毛などは、絡み付いてしまいますので、
動かして2,3回に1回ブラシを掃除しなければいけません。

 

掃除道具は、使いっぱなしで永遠に使えるということは皆無なので、
手入れは、避けられないですが、
できればそのような手入れの回数を減らしたいというのが本音だと思います。

 

 

ならば、ブラシを使わないで掃除ができたらと考えると
ごみを回転するブラシで捕らえるのではなく、吸い取る方法が考えられます。

 

マミロボットは、髪の毛、ペットの毛を掃除する時は、ブラシを外して使うモードがあります。※1

 

※1 ルンバも厳密に言えば、ブラシでかきとったホコリをダストボックスについているファンで吸引しながら、集めていきますが、ブラシを外したまま吸引できないのです。

 


ブラシは手で簡単に外せます。

 

 

取扱説明書には、通常はブラシモードで使って
ブラシを使わない「ヘアーモード」では、ブラシを外して、専用カバーを取り付け使用できるとあります。
髪の毛などが多い環境では、ブラシの掃除が省けるので便利です。

 


ヘアモードは、このようなプラスチックカバーを装着し、中心部の穴から吸引します。

 


矢印部分の吸引ガイドという枠があるので、その内側のごみは中心に吸い寄せられます。
中心の吸い口が小さいから、あまり吸わないのではという心配はいりません。

 

  • フローリングには、ブラシをつけたブラシモード
  • 絨毯には、ブラシを外してカバーを取り付けたヘヤーモードで吸引掃除

と環境によっての使い分けができるということです。

 

 

ヘヤーモードの場合、吸引力が最大化される

 

ヘヤーモードの専用カバーの構造を見てみると、吸い込み口が小型化されていることがわかります。
よって、吸い込む力が、口の部分で集中し、強い吸引力が生まれます。
かき出しより吸引を優先する場合にヘヤーモードを使うといいです。

 

ブラシによる掃除力は、ルンバもマミロボットも大差ないと思いますが
通常の掃除機モードが加わることにより
床の状態にあわせて吸い方を変えることができるのがメリットです。

 

ただ、自分の部屋を通常モード(ブラシモード)で吸えばいいのか
ヘアモードで吸えばいいのか?
判断に迷うことも多いような気がします。

 

絨毯の場合、ヘアモードでもいいですが、ブラシモードならかき出すことができるので
頑固に入り込んだ汚れなどは、ブラシを使ってみるとか
状況に応じて、実際に使ってみて、汚れの除去の効果が高い方法を使えばいいと思います。

 

フローリングの場合は、ブラシモードでまず使い、髪の毛やペットの毛が多い場合ブラシのないペットモードで使うと、ブラシのメンテナンスが楽になります。ごみが跳ね飛ばされるという場合もペットモードがいいと思います。
自分の環境に合わせて使ってみてください。

 

ルンバにはない吸引方式

 

 

   

 

ヘアモード(ブラシを取り外してカバーをつけて使うモード)は、ルンバにはない機能です。
物理的にごみを吸い上げるので、吸引ガイドの効果と合わせて吸引力という部分では、マミロボットが上だと思います。
ただ、自動掃除機に関しては、吸引力に関してそれほど神経質にならなくてもいいのではと私は考えます。
理由は、同じ箇所をしつこいくらい何度も通過するため、何回かブラシで通過するうちに、表面上のホコリはかなりの割合で除去できると思います。
なので、ブラシを外せるという機能があることは、吸引力UPよりブラシの掃除が楽になるという点がメリットになるように思います。

 

ペットを飼っていて抜け毛が多く毎日の掃除機がけが面倒という方には、ヘアモードで使うと
掃除機がけが短縮され、ブラシの掃除も楽になるという点で、お勧めの製品だと思います。

 

ただ、ごみを溜めるダストボックスが普通の掃除機より小さいので、ダストボックスは、ルンバもマミロボットも頻繁に掃除した方がいいです。

 

 

その点でも、マミロボットは上部にダストボックスがあり、ボックス自体が丸ごと水洗いできるという点も利点だと思います。フィルターも2回に1回くらいで使い捨てですので、衛生的です。30枚入りで370円です。まとめて何個か買っておいてもいいですね。自分の場合3,4回に一回で交換しています。その都度ブラシでほこりを落として使ってます。

 

 

ルンバは、ダストカップと吸引ファンが一体化されていて、丸ごと洗えないのがネックです。だからいつもダストカップ内部をハケでほこりを取り、拭き掃除しています。いつも完璧にきれいにならないので中途半端です。フィルターは、けっこう高いので、何度も使いまわしているのが現状です。
追記: フィルターは3枚で60円、アマゾンで安くなってるのでびっくりしました。

 

長い髪の毛が多い、ペットを飼っていて抜け毛が多いなど
ブラシが毛ですぐからまりそうだな?と思うあなたに
マミロボットはお勧めです。

 

マミロボットは、なぜ吸引力を高めることができたのか?関連ページ

マミロボットの音
マミロボットをまず動かしてみて、気が付くことが音に関してです。
ルンバとの動作の違い
マミロボットの動きは、ルンバと比較してどうでしょう?
水拭きはどのくらいまで可能なのか?
マミロボットが水拭きできることは、最近有名になっていますが、水拭きというけど、どのくらい拭けるのか?実際に拭いてみました。
マミロボットは段差に弱い?
マミロボットの口コミを見ていると、ボイスなどは、段差で動けなくなるというレビューを見かけます。ポロはどうなのか?使ってみました。
ハンディークリーナー「zaalooツァルー」チャルの評価
マミロボットポロには、ハンディクリーナーがついています。このクリーナー役に立つのか?検証してみました。
自動充電について
マミロボットK5・K7は、自動充電可能です。ボイスではできなかった自動充電ですがどうなのか?ルンバの自動充電との比較も。
走行中のセンサーエラーについて
マミロボットニは多くのセンサーがあって、敏感すぎるがゆえにエラーになることが多いです。
マミロボットへの接し方・現状の掃除への組み込み方
マミロボットの現在の生活への組み込み方、どんな人にマミロボットを使って欲しいか?書いてみます
貸し出し中の方にマミロボットの感想を聞いてみました
知り合いの方に、マミロボットを貸し出して1ヶ月、感想を聞いてみました。